MENU

キャビテーションとは

キャビテーションとは、水中などで圧力が変化した場合に発生する「気泡」を意味します。
もともとは地質学と液体力学の専門用語である「空洞(くうどう)現象」のことです。

キャビテーションは、超音波で体液のなかに気泡を発生させ、気泡が弾ける衝撃が周辺のセルライトや脂肪細胞を小さくします。小さくなった脂肪は乳化し、マッサージや運動で体外へ排出されます。
脂肪細胞の数を減らすことができると言われており、リバウンドの心配がない痩身方法と言われています。
超音波は身体に当てても痛みや熱いと感じることもないため、痛みや熱が苦手な方や、お腹周りに脂肪のつきやすい糖質を食べると太りやすい遺伝子タイプの方にオススメのマシンです。

※乳化とは、水と油の様に本来は混ざり合わない物が混ざり合う現象のことです。