MENU

ハイフとは

ハイフとは高密度焦点式超音波のことで、High-intensity focused ultrasoundの頭文字をとりHIFU(ハイフ)と呼ばれています。

ハイフは超音波を1点に集中して照射でき、狙った部分にだけ高密度な超音波をあてることで冷え固まったセルライトや増えすぎた脂肪細胞を減少させることが可能なマシンです。
対象をピンポイントで狙うことができるため、表皮や他の組織に影響がでないことが特徴です。
超音波をピンポイントで照射すると、加熱された脂肪細胞は穴の開いた状態となり、体外へと排出されます。脂肪細胞を小さくするだけの施術とは異なるため、リバウンドしにくい痩身技術と言われています。

身体や皮膚表皮などの組織に影響を及ぼすことなく、ピンポイントに照射された脂肪細胞だけがじっくりと時間をかけて体外へ排出されていくため、脂肪細胞の数自体を減らすこと効果が可能です。
皮膚を切開する必要もなく、脂肪細胞そのものを取り除く効果が期待できるため「切らない脂肪吸引法」とも呼ばれています。

ハイフの超音波は、狙った脂肪細胞にのみアプローチし、周辺の細胞組織やお肌に与える影響が少ないことが特長です。そのため、肌トラブルが起きにくく、安全性が比較的高い美容エステマシンとされています。