MENU

リンパとは

リンパには排泄機能と免疫機能があり、うまく機能しないと全身の倦怠感、むくみ、慢性的な疲労や体調不良等の原因となります。その為、リンパの流れを良くするという事は、健康な身体を作るうえでは欠かせません。

1 リンパの主な働き

体内の老廃物の回収と運搬(排出するための準備)
細菌や異物が体内に入らないようにする免疫機能

2 リンパの詳細

(1)「リンパ管」の役割

全身に張り巡らされているのが「リンパ管」

リンパ管は毛細血管から漏れた水分をすくい、血管の静脈系に戻す役割を担っています。
血管を流れる血液は心臓をスタートし、全身を巡って心臓に戻ってきます。血液の液体成分は常に血管内を流れているのではなく、細胞に酸素と栄養素を届けるために、毛細血管の動脈側で血管から流出します。そして、静脈側で血管に戻れなかった水分はリンパとなり、これを回収して血流に戻してくれるのがリンパ管です。
リンパを回収するリンパ管の起点は毛細リンパ管といい、起点は閉じた状態で身体中にクモの巣のように分布しています。
毛細リンパ管が合流して太くなったものがリンパ管で、多くの弁をもっていてとくに太いものでは弁のところがふくらみ、数珠状につながってみえます。リンパ管はリンパ節を経由しながら、最後はリンパ本幹となって静脈につながります。

(2)「リンパ液」の役割

リンパ管に吸収され中を流れている血しょうの一部が「リンパ液」

リンパ液(単にリンパとも言う)は全身に張り巡らされたリンパ管を流れながら、体の免疫機能を司る重要な役割を担っています。

  1. 老廃物の回収
  2. 外部からのウイルスや細菌の退治
  3. ウイルスや細菌などへの抗体作り

リンパ液の主成分は、血液中の液体成分である血しょうです。
血液は心臓から出て、また心臓に帰りますが、一部の血液は体のすみずみで毛細血管から外に出て、体内の細胞に酸素と栄養素を届けています。
リンパ液は筋肉を動かす事で流れていくため、運動不足や、同じ姿勢で仕事や勉強をしているとリンパを流す為の筋肉運動量が足らず、むくみ・冷え・疲労につながってしまいます。
エステやマッサージでリンパを流すことで、むくみ・冷え・疲労が軽減されます。

(3)「リンパ節」の役割

全身の要所にありリンパ管が合流している部分が「リンパ節」

「リンパ節」は、リンパ管の節目にあるリンパ液にとって非常に重要なろ過装置の役割を担う部分です。リンパ液の中を流れているウイルスや細菌などの異物を食作用によって処理するため、リンパ節が腫れて痛い場合は免疫が働いている証拠でもあります。脇の下のリンパ節、首のリンパ節、そけい部のリンパ節では骨髄で作られたリンパ球の一部が成熟しています。